F.M.N. SOUND FACTORY

e-mail: info@fmn.to

ビート・クレイジー展「BEATCRAZY&TREMATODA EXHIBITIN」のお知らせ

Posted on | 2018.05.29 | No Comments

80~90年代に西部講堂で連続的にイベントを行っていた企画団体ビート・クレイジーの資料展が行われます。

場所はギャラリー三条猪熊下がるのgreen&garden。期間は6月24日~7月16日です。
詳しくはここ。( EXHIBITINのスケジュールはまだアップされてませんがFBでのイベントページはアップされてます。ここです。

初日の19時から、ビート・クレイジーのメンバーであったVampier!の和田、現rock a gogo企画のしのやん、イベントの殆どで進行を務めていた私、そして日本のインディーズ音楽を長年紹介し続けていた現在Public Bath Pressの主宰デヴィッド・ホプキンスの4人でのトーク・ショーも開催されます。

日本でのパンク・シーンがどう出来上がっていったのか、ビート・クレイジーの活動を追っていくことで浮かび上がることはたくさんあると思います。
パンクに限らず日本のインディペンデントな立場にある音楽がどう育っていったか、現在にもつながることでもあると思います。

当時のことをご存知の方はもちろんそうではない方も楽しめる展示とトークショーになるのではないか、と思います。

以下は企画&主催者でもある「green&garden」FBのイベントページでの紹介文です。
—-

80年代からの日本のパンク/sosiハードコア/new waveバンドの活動がビート・クレイジーを抜きにしては語ることはできません。
しかしながらメディアへの露出を全く気にしてなかったビート・クレイジーの活動が正当に評価されているとは、個人的には思っていません。
2018年6月24日~7月16日
13時~19時(最終日の7月16日を除く月曜日休廊)
入場料500円(特製バッチもしくは特製ステッカー付き ※来場者にはもれなくどちらかをお渡しします。ステッカーは最低発注枚数の都合も有り初回の印刷分のみとなります。)
※BEATCRAZYの資料を販売はできませんので、今回は入場料金をいただく事にしました。

1980年代に京都で活動をしていたpunk企画団体のBEATCRAZY。
解散を宣言する事もなく現在その活動は歩みを止めている。

かつて京大西部講堂にて行われたイベントタイトルを冠し、もう一度BEATCRAZYとは何であったのかを考えてみようと思う。
展示品はほぼ全てContinental KidsのベーシストでありSpermのボーカリストであったラン子さんの遺品より展示をしています。

ギャラリーのもう一つの部屋は、そのBEATCRAZYのイベントに足を運んでいたKidsが時を経て発刊したZINE「TREMATODA」のイラスト展となります。

過去から現在へ。
もしかすると誰かの他愛もないきっかけから始まった流れは命を繋ぎ今も絶える事なく流れている。

「punkrock only 」その団体はそんなスローガンを掲げた。

punkは音楽の形態だけでは無い。

Comments

Leave a Reply






  • CDを購入
  • 新譜情報

    大友良英サウンドトラックスVol.0

    FMC-044 定価(税抜1000円、税込1050円)
    発売日;6月12日(土)
    シリーズ・リリース予定の大友良英サウンドトラック集第一弾として緊急リリースのミニ・アルバム。
    続きはこちら

    MABOROSHI/ 石橋英子&Gianni Gebia&Daniele Camarda

    FMC-043 定価2100円(税込)2000円(税抜)
    発売日;2009年7月24日(金)
    石橋英子がシシリアのサックス奏者GianniとベーシストDanieleと3人でフランスで録音した1枚。歌とピアノとサックス、ちょっと変わったベースで不思議でpopな世界を作ってます。

    ラブジョイ/あの場所へ

    FMC-042 定価2625円(税込)2500円(税抜)
    発売日;2008年12月7日(日)
    ラブジョイ4年ぶりの新作!
    たくさんの方からコメントをいただいています。全文はここで
    コメントをいただいた方々は、中川五郎、鈴木祥子、勝井祐二、直枝政広(カーネーション)、原マスミ、オニ(あふりらんぽ)、ピカ(あふりらんぽ)山本精一、須原敬三(ギューン・カセット)、白崎映美(上々颱風)、pocopen(さかな)、西脇一弘(さかな)、伊藤せい子(夕凪)、林いずみ(名古屋得三スタッフ)、安田謙一、渕上純子(ふちがみとふなと)、田村武(p-hour)、船戸博史(ふちがみとふなと)、水島博範(京都磔磔)、宮武希、中野直志(吉祥寺マンダラ2)、たるたにさとし(ぱぱぼっくす)(順不同)の各氏です。

    大友良英+山本精一ギター・デュオ

    OTOMO YOSHIHIDE YAMAMOTO SEIICHI GUITAR DUO
    FMC-041 予価2200円(税抜)2310円(税込)
    全4曲入り(轟音フィードバック・デュオと静音フィードバックデュオの2曲、そしてアコースティック・ギター・デュオの2曲)
    アコースティック・ギター・デュオは広いスタジオ内を両名が歩きながら演奏、それを定位置のマイクで録音。
    9月28日(日)発売
    二人のデュオは今後、ライヴ集3枚組(予定)、曲中心のスタジオ録音集、と続きます。

    キャラバン

    FMC-040 定価:2100円 (税抜2000円)
    発売日:9月28日(日)
    70年代の終わりを駆け抜けた、幻のダブ、レゲエ、ファンクバンド「キャラバン」
    多くのミュージシャンにショックと影響を与えた衝撃のライブ音源が、今よみがえる!!
    コメント(抜粋)全文はここで