F.M.N. SOUND FACTORY

e-mail: info@fmn.to

アンソニー・ムーア関西公演のお知らせ

Posted on | 2017.08.05 | No Comments

今年スラップ・ハッピーで来日したアンソニー・ムーアの公演が関西各地で行われます。もちろん関東地方も行われますが先に関西地方のお知らせを。

アンソニー・ムーアはスラップ・ハッピー、ヘンリー・カウのメンバーとしての活動だけではなくディス・ヒート、ケヴィン・エアーズ、リチャード・ライト(ピンク・フロイド)等のプロデューサーとしても活躍。
近年まではケルン・メディア大学の学長を務め自らの音楽活動は長い間お休み状態でしたが、退官後はまた精力的に活動を始めたようです。

京都では無料のレクチャー、大阪では宇都宮さんとのサウンド・インスタレーション、神戸ではHacoさんとのライヴ、そして近江八幡では超名盤OUTを思い起こさせるかもしれないピアノの弾き語り、と全て違ったプログラムになります。

FACEBOOKのページあります。フォーエバーレコード東瀬戸さんのページ、https://www.facebook.com/higashiseto へ。

※神戸の予定、開場開演時間を変更しました。ご注意ください。
●神戸 アンソニー・ムーア + Haco(ライヴ)
11月2日(木)開場19:00 開演19:30


アンソニー・ムーア関西公演(大阪、神戸、京都、滋賀)のお知らせ
※アンソニー・ムーア/Anthony Moore
 1948年イギリス生まれ。実験音楽作曲家、作詞家、シンガーソングライター、音楽史研究家。
 1970年代~80年代にかけて30作品以上の映画音楽を制作し、様々な国際映画祭で多数の賞を獲得。同時に、管弦楽や打楽器、声楽で構成された録音作品を複数発表している。1972年、先鋭的なポップ・ミュージック・トリオ「スラップ・ハッピー」を結成し、キーボード、ギター、作曲を担当する。1974年にはより多くの音楽家を取り入れる形でアヴァン・ロックグループ「ヘンリー・カウ」に参加。新たな音楽の地平を切り拓くその表現は、今も世界各国で後進の音楽家に多大な影響を与え続けている。
 同時にイギリスのプログレッシヴ・ロックバンド「ピンク・フロイド」との交流も深く、複数の作品に作 詞や演奏で参加。また、ディス・ヒート、ケヴィン・エアーズ、リチャード・ライトなどのプロデュース/アレンジなども手掛けてきた。
 1996年、The Academy of Media Arts Cologne(ケルン・メディア大学/ドイツ)に於いて音楽メディア研究の博士課程取得。2000年ら2004年には同校の学長を務める。その後は若手実験音楽家らとのコラボレーションを続け、2017年にはスラップ・ハッピーとして17年ぶりの来日公演を成功に納めるなど、現在も旺盛な活動を続けている。
●京都 アンソニー・ムーア「無限ノ響キヲ返照スル」(トーク)翻訳:浅野和恵
10月29日(日)開場17:30 開演18:00 
料金:無料
会場:京都精華大学 友愛館地下1階M005教室
共催:日本ポピュラー音楽学会、京都精華大学ポピュラーカルチャー学部
■問い合わせ:F.M.N. Sound Factory
fmn@mud.biglobe.ne.jp
●大阪 アンソニー・ムーア + 宇都宮泰(インスタレーション / ライヴ)
10月30日(月)インスタレーション開場17:00  ライヴ開演19:00 
予約 3,000円  当日 3,500円
会場:萬福寺(四ツ橋駅徒歩3分)
550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1丁目14-23

https://www.horie-manpukuji.com/

■予約・問い合わせ
(お名前、枚数、電話番号を記入の上、augen3000@yahoo.co.jp までメールでお申し込みください。返信時エラーが出ないように受信設定の確認をよろしくお願いします)
TEL 080-5369-8103(東瀬戸) 06-6636-1856(Forever Records)
協賛:PULPギャラリー

http://pulpspace.org

※宇都宮泰
 1957年広島市生まれ。生物系研究者を両親に持ち特殊な環境で幼少期を過ごす。大阪芸術大学音楽工学科で塩谷宏に師事。在学時からシンセサイザー多重録音で楽曲制作を行い、富田勲、諸井誠らが審査員を務めた複数のテープ・コンテス トで入賞。
 プロデューサー/演奏家として、アフター・ディナー、少年ナイフ、JON & UTSUNOMIA、高貴寺・ザ・ライヴ、トクサノカンダカラ(アート・ベアーズ 「the art box」収録)、テニスコーツ「Music Exists」4連作などを手掛け、各プロジェクト毎に独自の音楽理論を展開、音楽表現に直結した音響システムを開発・導入する。その独創的な芸術性とクオリティの高いテクノロジーの融合は国内外で高い評価を獲得し、音響の鬼才と称され周知にいたる。

http://www.utsunomia.com

●神戸 アンソニー・ムーア + Haco(ライヴ)
11月2日(木)開場19:00 開演19:30
予約 3,000円  当日 3,500円
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/山陽塩屋駅徒歩5分)
655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
TEL 078-220-3924
■予約・問い合わせ
guggenheim2007@gmail.com

http://www.nedogu.com

※Haco
 80年代初頭に海外進出したアヴァンポップグループ After Dinner (1981-1991) の創始者、作曲家、ヴォーカリスト、エレクトロニクス奏者、サウンドアーティスト。1987年より海外の音楽/アートフェスティバルから招聘をうけ、毎年のように世界各国で公演を行っている。
 1995年からはソロとして活動するほか、Hoahio (w/ 八木美知依、恵良真里、Sachiko M)、Ash in the Rainbow (w/ 坂本弘道) 、Yesterday’s Heroes (w/ テーリ・テムリッツ)など複数のプロジェクトを主宰し、国内外のレーベルで作品をリリース。
 2005年音響作品「Stereo Bugscope 00」がオーストリアのアルスエレクトロニカで入賞。2007年「Riska」、2011年「Forever And Ever」、2015年「Secret Garden」、2017年9月にソロ7枚目の歌&エレクトロニクス・アルバム「Qoosui」が発売される。実験性とポップの境界線をシームレスに繋ぐ独自の世界を開拓している。

http://www.hacohaco.net

●滋賀 アンソニー・ムーア ピアノ弾き語りソロ(ライヴ)
11月4日(土)開場16:30 開演17:00 ※ライブ終了後に出演者を囲む会あり
予約 3,000円  当日 3,500円(ドリンク別500円 地酒のみお代わり自由)
会場:サケデリック・スペース酒游舘(近江八幡駅北口より近江バス長命寺方面行8分
「大杉町」下車駅方面に徒歩2分)
■予約・問い合わせ
0dx00r60785406s@ezweb.ne.jp

http://www.shuyukan.com

TEL 0748-32-2054(10~17時)

Comments

Leave a Reply






  • CDを購入
  • 新譜情報

    大友良英サウンドトラックスVol.0

    FMC-044 定価(税抜1000円、税込1050円)
    発売日;6月12日(土)
    シリーズ・リリース予定の大友良英サウンドトラック集第一弾として緊急リリースのミニ・アルバム。
    続きはこちら

    MABOROSHI/ 石橋英子&Gianni Gebia&Daniele Camarda

    FMC-043 定価2100円(税込)2000円(税抜)
    発売日;2009年7月24日(金)
    石橋英子がシシリアのサックス奏者GianniとベーシストDanieleと3人でフランスで録音した1枚。歌とピアノとサックス、ちょっと変わったベースで不思議でpopな世界を作ってます。

    ラブジョイ/あの場所へ

    FMC-042 定価2625円(税込)2500円(税抜)
    発売日;2008年12月7日(日)
    ラブジョイ4年ぶりの新作!
    たくさんの方からコメントをいただいています。全文はここで
    コメントをいただいた方々は、中川五郎、鈴木祥子、勝井祐二、直枝政広(カーネーション)、原マスミ、オニ(あふりらんぽ)、ピカ(あふりらんぽ)山本精一、須原敬三(ギューン・カセット)、白崎映美(上々颱風)、pocopen(さかな)、西脇一弘(さかな)、伊藤せい子(夕凪)、林いずみ(名古屋得三スタッフ)、安田謙一、渕上純子(ふちがみとふなと)、田村武(p-hour)、船戸博史(ふちがみとふなと)、水島博範(京都磔磔)、宮武希、中野直志(吉祥寺マンダラ2)、たるたにさとし(ぱぱぼっくす)(順不同)の各氏です。

    大友良英+山本精一ギター・デュオ

    OTOMO YOSHIHIDE YAMAMOTO SEIICHI GUITAR DUO
    FMC-041 予価2200円(税抜)2310円(税込)
    全4曲入り(轟音フィードバック・デュオと静音フィードバックデュオの2曲、そしてアコースティック・ギター・デュオの2曲)
    アコースティック・ギター・デュオは広いスタジオ内を両名が歩きながら演奏、それを定位置のマイクで録音。
    9月28日(日)発売
    二人のデュオは今後、ライヴ集3枚組(予定)、曲中心のスタジオ録音集、と続きます。

    キャラバン

    FMC-040 定価:2100円 (税抜2000円)
    発売日:9月28日(日)
    70年代の終わりを駆け抜けた、幻のダブ、レゲエ、ファンクバンド「キャラバン」
    多くのミュージシャンにショックと影響を与えた衝撃のライブ音源が、今よみがえる!!
    コメント(抜粋)全文はここで