F.M.N. SOUND FACTORY

e-mail: info@fmn.to

フランク・ロンドン・レクチャー

Posted on | 2017.04.11 | No Comments

5月に日本公演を行うクレズマー・ミュージックの最重要人物フランク・ロンドン、レクチャーも各地で開催されます。

東欧ユダヤ人の音楽「クレズマー」をめぐる対話
クレズマティックスの設立者フランク・ロンドン氏を迎えて
リヴァイヴァルから30年を経た今日もなお、新たな展開を見せつづける音楽「クレズマー」。この音楽が過去から現在を経て未来に向かっていく様子について、リヴァイヴァルの第一人者フランク・ロンドン氏に、生の声で語っていただく同時に、現在進行形のその音を体験する機会を、東京と関西の各地でもうけます。
5月13日(土) 立教大学
5月15日(月) 広島市立大学
5月16日(火) 大阪大学
5月17日(水) 京都大学

【全日程無料・通訳付き】
5月13日(土)
立教大学(立教大学異文化コミュニケーション学部主催)
「東欧ユダヤの音楽「クレズマー」- リヴァイヴァルと異文化接触を聴く」
場所:池袋キャンパス 太刀川記念館3階 多目的ホール
16:30 開場
17:00~18:00 ロンドン氏によるレクチャー
18:20~19:20 コンサート(with ジンタらムータ)

https://www.rikkyo.ac.jp/…/qo9edr0000…/img-campusmap_ike.pdf

5月15日(月)
広島市立大学(広島市立大学国際学部 柿木研究室主催)
場所:講堂小ホール
14:30 開場
14:40~16:10 ロンドン氏のレクチャー「今に生きるクレズマー」(聞き手:東琢磨(音楽・文化批評))
場所:講堂大ホール
17:30 開場
18:00~19:30 ミニ・ライヴ(with ジンタらムータ)

https://www.hiroshima-cu.ac.jp/page/content0002.html

5月16日(火)
大阪大学
(大阪大学文学部ドイツ文学研究室、科研挑戦的萌芽研究「「演歌型」大衆音楽の国際比較研究:東欧とアジアを中心に」(代表者:伊東信宏、研究課題番号:16K13164)の共同主催)
「クレズマーの魅力を体験する - フランク・ロンドン氏を迎えて」
場所:大阪大学 21世紀壊徳堂
16:00      開場(これ以降の出入りは自由)
16:20~17:50 ロンドン氏のレクチャー
18:40~19:00 プレトーク:C.H.A.R.(凡どどラジオパーソナリティー)+黒田晴之
19:00~20:30 コンサート with ジンタらムータ
        第1部:スタンダード、第2部:オリジナル

http://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/access

5月17日(水)
京都大学(京都大学大学院地球環境学堂 岩谷彩子研究室 主催)
「クレズマー音楽からみるユダヤ文化 ー フランク・ロンドン(The Klezmatics)との対話」
10:15 開場
10:30~12:00 ロンドン氏のレクチャー
場所:吉田南総合館(東棟)共東12

http://www.kyoto-u.ac.jp/…/acc…/campus/yoshida/map6r_ys.html

後 援
フランク・ロンドン招聘委員会
科研基盤研究(C)「新移民音楽の受容とフォーク音楽との関係を、音楽言説の観点から検討する」(代表者:黒田晴之、研究課題番号:16K02352)
連絡先
松山大学 黒田研究室(kuroda{at}cc.matsuyama-u.ac.jp)

Comments

Leave a Reply






  • CDを購入
  • 新譜情報

    大友良英サウンドトラックスVol.0

    FMC-044 定価(税抜1000円、税込1050円)
    発売日;6月12日(土)
    シリーズ・リリース予定の大友良英サウンドトラック集第一弾として緊急リリースのミニ・アルバム。
    続きはこちら

    MABOROSHI/ 石橋英子&Gianni Gebia&Daniele Camarda

    FMC-043 定価2100円(税込)2000円(税抜)
    発売日;2009年7月24日(金)
    石橋英子がシシリアのサックス奏者GianniとベーシストDanieleと3人でフランスで録音した1枚。歌とピアノとサックス、ちょっと変わったベースで不思議でpopな世界を作ってます。

    ラブジョイ/あの場所へ

    FMC-042 定価2625円(税込)2500円(税抜)
    発売日;2008年12月7日(日)
    ラブジョイ4年ぶりの新作!
    たくさんの方からコメントをいただいています。全文はここで
    コメントをいただいた方々は、中川五郎、鈴木祥子、勝井祐二、直枝政広(カーネーション)、原マスミ、オニ(あふりらんぽ)、ピカ(あふりらんぽ)山本精一、須原敬三(ギューン・カセット)、白崎映美(上々颱風)、pocopen(さかな)、西脇一弘(さかな)、伊藤せい子(夕凪)、林いずみ(名古屋得三スタッフ)、安田謙一、渕上純子(ふちがみとふなと)、田村武(p-hour)、船戸博史(ふちがみとふなと)、水島博範(京都磔磔)、宮武希、中野直志(吉祥寺マンダラ2)、たるたにさとし(ぱぱぼっくす)(順不同)の各氏です。

    大友良英+山本精一ギター・デュオ

    OTOMO YOSHIHIDE YAMAMOTO SEIICHI GUITAR DUO
    FMC-041 予価2200円(税抜)2310円(税込)
    全4曲入り(轟音フィードバック・デュオと静音フィードバックデュオの2曲、そしてアコースティック・ギター・デュオの2曲)
    アコースティック・ギター・デュオは広いスタジオ内を両名が歩きながら演奏、それを定位置のマイクで録音。
    9月28日(日)発売
    二人のデュオは今後、ライヴ集3枚組(予定)、曲中心のスタジオ録音集、と続きます。

    キャラバン

    FMC-040 定価:2100円 (税抜2000円)
    発売日:9月28日(日)
    70年代の終わりを駆け抜けた、幻のダブ、レゲエ、ファンクバンド「キャラバン」
    多くのミュージシャンにショックと影響を与えた衝撃のライブ音源が、今よみがえる!!
    コメント(抜粋)全文はここで