F.M.N. SOUND FACTORY

e-mail: info@fmn.to

11月3日発売 穂高亜希子アナログ盤 ジャケット発表

Posted on | 2015.09.24 | No Comments

先日お知らせした11月3日発売 穂高亜希子  CD付きアナログ・シングル盤「あの頃のこと/風、青空」ジャケット決定したのでお知らせします。

穂高亜希子 CD付きアナログ・シングル盤「あの頃のこと/風、青空」をNARISU RECORDSとF.M.N.Sound Factoryの共同制作で11月3日に発売します。


穂高亜希子「あの頃のこと/風、青空」
7インチ・EP盤( CD付き)
NRSP-725/FMC-049
定価1,500円(税抜)
NARISU RECORDS/F.M.N.Sound Factory

11月3日 発売予定(レコードの日 協賛商品)

収録曲
7inchアナログ盤 あの頃のこと/風、青空」
side A あの頃のこと
side B 風、青空

CD(FMC-049)「夜と 風、青空」
1、今日の終わり
2、夜と風
3、あの頃のこと
4、うそ
5、日だまりの中で
6、風、青空
(作詞、作曲、演奏 穂高亜希子)
(アナログ盤の2曲とCDの収録曲は同じ曲です。)

録音、ミックス、マスタリング/PEACE MUSIC 中村宗一郎


「ひかるゆめ」「みずいろ」と鮮烈で深い叙情を歌い話題になったSSW穂高亜希子が新しい世界に挑みました。

 録音/ミックス、マスタリングを、ゆらゆら帝国やOgre You Asshole等の録音のみならず数々の名作の録音/マスタリングでその実力を世界的に示す中村宗一郎氏が担当。

穂高亜希子もオルガンやエレキ・ギター等すべて一人で演奏し、深く沈み込むような深い叙情生に合わせ、今まで隠されていた激しい一面も露わにされてます。

「ひかるゆめ」「みずいろ」を経て、さらなる深いフェーズに入った穂高亜希子の新作をご期待ください。

Comments

Leave a Reply






  • CDを購入
  • 新譜情報

    大友良英サウンドトラックスVol.0

    FMC-044 定価(税抜1000円、税込1050円)
    発売日;6月12日(土)
    シリーズ・リリース予定の大友良英サウンドトラック集第一弾として緊急リリースのミニ・アルバム。
    続きはこちら

    MABOROSHI/ 石橋英子&Gianni Gebia&Daniele Camarda

    FMC-043 定価2100円(税込)2000円(税抜)
    発売日;2009年7月24日(金)
    石橋英子がシシリアのサックス奏者GianniとベーシストDanieleと3人でフランスで録音した1枚。歌とピアノとサックス、ちょっと変わったベースで不思議でpopな世界を作ってます。

    ラブジョイ/あの場所へ

    FMC-042 定価2625円(税込)2500円(税抜)
    発売日;2008年12月7日(日)
    ラブジョイ4年ぶりの新作!
    たくさんの方からコメントをいただいています。全文はここで
    コメントをいただいた方々は、中川五郎、鈴木祥子、勝井祐二、直枝政広(カーネーション)、原マスミ、オニ(あふりらんぽ)、ピカ(あふりらんぽ)山本精一、須原敬三(ギューン・カセット)、白崎映美(上々颱風)、pocopen(さかな)、西脇一弘(さかな)、伊藤せい子(夕凪)、林いずみ(名古屋得三スタッフ)、安田謙一、渕上純子(ふちがみとふなと)、田村武(p-hour)、船戸博史(ふちがみとふなと)、水島博範(京都磔磔)、宮武希、中野直志(吉祥寺マンダラ2)、たるたにさとし(ぱぱぼっくす)(順不同)の各氏です。

    大友良英+山本精一ギター・デュオ

    OTOMO YOSHIHIDE YAMAMOTO SEIICHI GUITAR DUO
    FMC-041 予価2200円(税抜)2310円(税込)
    全4曲入り(轟音フィードバック・デュオと静音フィードバックデュオの2曲、そしてアコースティック・ギター・デュオの2曲)
    アコースティック・ギター・デュオは広いスタジオ内を両名が歩きながら演奏、それを定位置のマイクで録音。
    9月28日(日)発売
    二人のデュオは今後、ライヴ集3枚組(予定)、曲中心のスタジオ録音集、と続きます。

    キャラバン

    FMC-040 定価:2100円 (税抜2000円)
    発売日:9月28日(日)
    70年代の終わりを駆け抜けた、幻のダブ、レゲエ、ファンクバンド「キャラバン」
    多くのミュージシャンにショックと影響を与えた衝撃のライブ音源が、今よみがえる!!
    コメント(抜粋)全文はここで