F.M.N. SOUND FACTORY

e-mail: info@fmn.to

ずっと僕らはアホでした。

Posted on | 2010.08.22 | 1 Comment

昨日のHMV渋谷店での非常階段インストア・ライヴ、盛況のようでしたね。
来月早々に発売される非常階段結成30周年記念本「非常階段 A STORY OF THE KING OF NOISE 」。


この本がとてもおもしろい。とは言っても70年代末期から80年代初めにかけての話は、自分も当事者の一人として話に登場しているので客観的には読めないが。

それでも相当面白いのは、非常階段がなぜ30年以上も続いているのか、そのことが読めばよくわかるし、また「変わらない」ことや「変わっていく」ことがどういう意味を持っているのか、とてもよく分かる。つまりノイズ・ミュージックに関することだけでなく、人が何かをやり続けていくことが一体どういう意味を持つかよく分かる良質のドキュメンタリーになっていると思う。

だからノイズに興味のない人でも、とても面白く読めると思いますよ。

本にも書かれているけど、非常階段がセンセーショナルなパフォーマンスをやっている頃、実は避けていた。
センセーショナルな行為が大向こう受けをねらっただけのはったりにしか思えなかったからだ。

ごく初期は非常階段のPAもやったこともあったのにね。

というわけで3年ほどご無沙汰の後、これも本に書かれているが西部講堂でのスター階段(スターリン+非常階段)の時に久しぶりに再会したのだ。

その時に舞台袖でメンバーの岡君がイトミミズと納豆を混ぜているのをみて「何するつもりなん?」とつい聞いてしまった。
非常階段のライヴ前にそう言う準備をしていて「何すんの?」という質問も愚問だけど、普通に考えたら「何すんの?」だよね。

その時の岡君の返事が「決まってるでしょ。食べるんですよ!」。満面の笑顔で答えられた。

その時の顔が忘れられなくて。

岡君は、また本にも書いてあるけどガラパゴスというバンドをやっていた非常にセンスのあるドラマーだった。あんなにセンスのあるドラマーがなぜペンキかぶったりミミズ食ったりしてるんだという悔しさみたいなものもそれまであった。

しかしその時の笑顔は、ああ岡君は本当に好きなことをやってるんだな、決して大向こう受けをねらったはったりなんかじゃなく本当にこれをやりたかったんだ、とそう思わせるに十分だった。

その時から非常階段に対するもやもやした気持ちは一掃された。

でもね、どっちにしてもアホですよ。ものすごいアホ。

美川君のツイッターで
>非常階段本のタイトル、「あの頃僕らはアホでした」の方が良かったのではと一瞬思ったりもしたが、パクリなのはともかく、今の自分らが当時のじぶんらに上から目線、はないわな、と思い直す(直さなくても、何もありませんが)。<
とあった。
確かに。でも「あの頃」ではないよ。ずっとアホです。

昨日のHMV渋谷店でも広重君が最後「今度おしっこするから」でお客さんが「うぉ〜!」となったらしいけど50才過ぎたおっさんの放尿宣言に「うぉ〜」ですよ。アホきわまりない。

非常階段がアートにもならず、ずっとライヴ・ハウス・シーンでやっていった結果がこれだ。思いっきりアホです。30年間ずっとアホです。なんと素晴らしいか。

Comments

One Response to “ずっと僕らはアホでした。”

  1. Tweets that mention ずっと僕らはアホでした。 : F.M.N. SOUND FACTORY -- Topsy.com
    8月 22nd, 2010 @ 21:54

    [...] This post was mentioned on Twitter by ぽんす, FMN. FMN said: ずっと僕らはアホでした。 http://bit.ly/bBDi8O [...]

Leave a Reply






  • CDを購入
  • 新譜情報

    大友良英サウンドトラックスVol.0

    FMC-044 定価(税抜1000円、税込1050円)
    発売日;6月12日(土)
    シリーズ・リリース予定の大友良英サウンドトラック集第一弾として緊急リリースのミニ・アルバム。
    続きはこちら

    MABOROSHI/ 石橋英子&Gianni Gebia&Daniele Camarda

    FMC-043 定価2100円(税込)2000円(税抜)
    発売日;2009年7月24日(金)
    石橋英子がシシリアのサックス奏者GianniとベーシストDanieleと3人でフランスで録音した1枚。歌とピアノとサックス、ちょっと変わったベースで不思議でpopな世界を作ってます。

    ラブジョイ/あの場所へ

    FMC-042 定価2625円(税込)2500円(税抜)
    発売日;2008年12月7日(日)
    ラブジョイ4年ぶりの新作!
    たくさんの方からコメントをいただいています。全文はここで
    コメントをいただいた方々は、中川五郎、鈴木祥子、勝井祐二、直枝政広(カーネーション)、原マスミ、オニ(あふりらんぽ)、ピカ(あふりらんぽ)山本精一、須原敬三(ギューン・カセット)、白崎映美(上々颱風)、pocopen(さかな)、西脇一弘(さかな)、伊藤せい子(夕凪)、林いずみ(名古屋得三スタッフ)、安田謙一、渕上純子(ふちがみとふなと)、田村武(p-hour)、船戸博史(ふちがみとふなと)、水島博範(京都磔磔)、宮武希、中野直志(吉祥寺マンダラ2)、たるたにさとし(ぱぱぼっくす)(順不同)の各氏です。

    大友良英+山本精一ギター・デュオ

    OTOMO YOSHIHIDE YAMAMOTO SEIICHI GUITAR DUO
    FMC-041 予価2200円(税抜)2310円(税込)
    全4曲入り(轟音フィードバック・デュオと静音フィードバックデュオの2曲、そしてアコースティック・ギター・デュオの2曲)
    アコースティック・ギター・デュオは広いスタジオ内を両名が歩きながら演奏、それを定位置のマイクで録音。
    9月28日(日)発売
    二人のデュオは今後、ライヴ集3枚組(予定)、曲中心のスタジオ録音集、と続きます。

    キャラバン

    FMC-040 定価:2100円 (税抜2000円)
    発売日:9月28日(日)
    70年代の終わりを駆け抜けた、幻のダブ、レゲエ、ファンクバンド「キャラバン」
    多くのミュージシャンにショックと影響を与えた衝撃のライブ音源が、今よみがえる!!
    コメント(抜粋)全文はここで